• HOME
  • 医院紹介
  • アクセス
  • スタッフ紹介
  • 料金
  • BeautyBlog
  • 江上歯科クリニックの審美歯科について
  • 江上歯科クリニックのホワイトニングについて
  • 江上歯科クリニックのインプラントについて
  • 今月のキャンペーンはこちら!
HOME > 審美歯科Q&A

審美歯科Q&A

審美歯科とは何ですか?

『審美歯科』とは、歯に対する意職(デンタルIQ)の高い欧米から始まった歯科分野のことです。
一般の歯科は虫歯などの治療を行い、機能面を回復されることが目的ですが、審美歯科は機能面も含め「美しい口元」を目的とする美的側面からの治療やケアを行う歯科治療です。
必要な治療を全てクリアした上で、あらゆる歯や歯並び、口元のコンプレックスを解消して美しい口元に整えます。

保険治療と審美治療の違いは何ですか?

現在の日本の保険治療で認められているのは、「痛い所を治す」、「歯を失った口内入れ歯を入れる」、といった最低限の機能回復における治療内容です。
審美治療では、良質な素材を使用し、より上質で長持ちさせることや美を追求した治療を行います。

銀歯は白くなりますか?

入れてしまった銀歯自体の色を変える事は出来ません。
しかし、銀歯を外してセラミック素材の歯をかぶせなおすことにより、見た目を白い歯同様にすることが出来ます。

セラミックの歯の種類はどのようなものがありますか?

メタルボンドやオールセラミックまで、色々な素材があり、歯の治療内容によっておすすめも異なります。
奥歯では耐久性にすぐれたジルコニア系のオールセラミックやメタルボンドがおすすめです。
アレルギーの問題がある方や、より美しい前歯の審美性を追求される場合は、光を通し天然歯に近い表情を持ったオールセラミックがおすすめです。

差し歯の土台は?

おすすめの素材は、グラスファイバーと呼ばれるものです。
銀などの金属土台を使用した場合、金属アレルギーが現れたり、歯茎が黒くなったりすることがあります。
また、硬いものを噛むときに強い力がかかりすぎた場合、金属が内部にあると歯根が折れてしまう可能性もあるのです。
グラスファイバーは、その点安全で変色しない素材でおすすめです。

神経を取ったら変色してしまいました。

神経を取った歯は変色しやすいものです。
内側の部分が死んでしまっているので、外側の象牙部分が徐々に変色し始めます。
ホワイトニングを行ったり、セラミック素材をおおう事で補うことが可能です。

ホワイトニングは安全ですか?

ホワイトニング剤の主要成分は、消毒用に用いられる過酸化水素や過酸化尿素です。
安全性については、FDA(アメリカ政府食品医薬品局)やADA(アメリカ歯科医師会)で認められています。

被せ物の保証はありますか?

基本的に5年間の保証がつきます。
条件として、定期的にメンテナンスに来院頂く必要があります。

自費のかぶせ物はなぜ高いのですか?

保険適用が認められているかぶせ物は、基本的に「治療」を目的とするもののみとなります。
最低限の機能を回復することを目的としたもののみが保険適用となり(銀歯など)、セラミック素材などの更に上質なクオリティーを持つもの、審美面を追求したかぶせ物は、贅沢品とみなされ、保険は適用されません。
その他、歯科の自費診療で代表的なものは、インプラントやホワイトニングなどです。

かぶせ物をしたら虫歯にならないのですか?

残念ながら、その後の管理が悪い場合は虫歯にも歯周病にもなってしまいます。
かぶせ物をしたら虫歯にならないと思われがちですが、磨かなければ虫歯にも歯周病にもなるので、きちんと歯ブラシしましょう!

かぶせ物はどれくらい持ちますか?

かぶせ物は、およそ10年以上持つと言われています。
しかし、こちらもやはりその後のメンテナンス状態や定期検診を受診する頻度、歯ブラシの方法などで寿命は大きく左右されます。
また、歯ぎしりや食いしばりのある患者様の場合、より長くかぶせ物の状態を保つためにはナイトガードの装着が必要です。
必ず定期検診には足を運び、口内環境をチェックしましょう。